SITE-MAP Information Blog
カー・マガジンエディター陣によるスペシャルコラム
 

>>Vol.5 from ティーポ編集部 310


あの酷暑からまだそれほど経っていないのに、随分と過ごしやすくなってきました。私は遅めの夏休みをこの9月に取る予定なので、ちょっと楽しみです。

まずはいつも通りですが、6日発売のティーポの宣伝から。特集タイトルは「狙うはワン&オンリー」です。唯一無二の個性派達が続々と登場します。アルファ・ロメオはスッドが登場します。詳しくは是非、お手にとってご覧ください。


このベースが軽自動車なんて驚きです。本物を縮尺させるのですが、全体のバランスを取るのが難しい。作っている方の経験やセンスが必要なんです。

さて今回のネタですが、前回の冒頭にちょっとだけ触れた「K4GP」ネタです。このK4GPをご存知ない方がいるかと思いますので、まずは簡単に説明を。

K4GPは毎年8月のお盆時期に富士スピードウェイで1000kmの耐久レースを開催しています。その他にも今年の2月にはセパンで24時間レースも開催しました。なんと先日開催された富士には、130台ものクルマが集まり、1000km先のゴールを目指して激しいバトルが展開されたました。出場しているクルマはその名の通り、軽自動車が中心となり、確か1.2?までのクルマなら参加できるレギュレーションとなっています。給油量に制限があるので、有利なのはやはり軽自動車となります。

このレースの見どころの一つが、ユニークな参加車両にあります。もちろん普通の軽自動車にレース用モディファイをしたものが多いのですが、自由に改造が加えられるクラスもあります。だから軽自動車をベースに全く違うものへ作り替えられたり、はたまたレーシングマシンのシャシーに軽のエンジンを搭載するクルマまであるのです。


アルファ・ロメオには関係ありませんが、あまりに出来がいいのでフォードGT40レプリカも。事物よりも小さいのですが、まるで本物のようでしょ?

その気合いの入れようは半端ありません。往年の名車をレプリカするパターンが多いのですが、それを軽自動車のサイズで作り上げてしまうのです。その細かな芸当は、まさに職人技と言えるほど精密に出来ています。まるで1/1のミニチュアーカー感覚。
中でも注目浴びていたのが、アルファ・ロメオのティーポ33をレプリカしたこのクルマでした。どうですか? 何も言われなければ、一瞬ホントのクルマと間違えませんか? 実はこのクルマのベースはホンダ・ビートなんです。そのシャシーの上に、このボディが被せてあるのです。何と製作期間は10ヶ月掛かったそうです。ディティールにも相当こだわっているようで、とても奇麗に仕上がっていました。残念ながらレース途中にトラブルが出てしまったようですが……。

この他にもフォードGT40のレプリカや、ポルシェ908、そして今回は完成に至らず展示のみとなりましたがポルシェ917など、往年の名車達が実に上手くレプリカされていました。ホントに見とれてしまうほど、精緻に出来ているのです。

ティーポ33は6日発売のティーポにも出ていますので、そちらもご覧ください。では私はそろそろ夏休みに……。





written & photo

佐藤(310)プロフイール↓


遡ること3年半前、ティーポ編集部へ配属されるなり、すぐに太田さんの担当を命ぜられる。以後、毎月太田さんと綿密な打ち合わせを行い、KEEP ON RACINGやTEZZOのページが作られていく。ティーポでは"310"のハンドルネームで編集に携わる。






■BACK NUMBER
---Vol.1 from ティーポ編集部 310
---Vol.2 from ティーポ編集部 310
---Vol.3 from ティーポ編集部 310
---Vol.4 from ティーポ編集部 310







 
★お問い合わせフォーム
何でもお気軽にお問合わせください。

NAME:
E-mail:


お気軽にどうぞ!




KEEP ON RACING事務局 〒224-0006 横浜市都筑区荏田東1-9-40 
TEL : 045-948-5540 FAX : 045-948-5536


KEEP ON RACING公式サイト
 http://www.keep-on-racing.com/

相互リンク大歓迎!!

(バナーは下をお使いください。)






 
HOME
ABOUT
   
アルファに恋して
Cafe AlfaStyle
   
アルファチャレンジ参戦記録
太田哲也とオヤジレーサーズ
イベント探訪記
BLOG アルファDAYS
LINK





↑アルファリングに参加してます!!



↑ファンサイト
↑クラッシュ映画公式HP
↑TEZZO by Tetsuya Ota
↑RACERS CLUB HP


©ofiice keep on racing all rights reserved