SITE-MAP Information Blog
カー・マガジンエディター陣によるスペシャルコラム
 

>>Vol.4 from ティーポ編集部 310


セレスピードの進化

暑い……ですね。酷暑続くなか、皆さんは夏休みをどのように過ごしましたか? こう暑いと何をするにも億劫になってしまいますね。ちなみに私の夏休みですが、しっかり働いておりました。あ、富士スピードウェイで開催された「K4GP」というレースに出場してきました。この模様は次号と次々号のティーポでレポートしますので、そちらをご覧下さい。

さてこの8月、僕はアルファ159スポーツワゴンにしばらく乗る機会を得ました。2.2のJTSです。なんと同時期に太田さんも同じスポーツワゴンを借りていたのには驚きました。太田さんは3.2だったのですが、外装も内装も全く同じ色で、見た目の違いはエンブレムとブレーキキャリパーくらい。価格差は約115万円もあるのに、見た目がこんなにも違いがないのは、いかがのものかと正直思いましたが……。



これが145、156、GTに採用されていたセレスピード。なんとなく全体的に小さな感じで、デザインもあまり凝ってはいない。

この見た目同じの2台を乗り比べてみたのですが、当たり前ですがフィーリングは全然違いました。簡単に言うと軽快な2.2に比べて、3.2は重厚な感じ。エンジンや車重の違いもありますが、僕はトランスミッションの違いが印象的でした。

3.2はQトロニック(いわゆるトルコンオートマ)なのに対し、2.2はセレスピードを採用しています。どちらが良いかは好みの問題なのでしょうが、ストップ&ゴーの多い都内では、当然ながらトルコンオートマの方がスムーズに乗れますね。


そしてこれが159から採用された新型のセレスピード。操作感はとても軽いのだが、旧型の方がフィーリングは良いような……。

しかしセレも負けてません。159になって、さらに進化を遂げていたのです。これには正直ちょっと驚きました。制御がより緻密になっていて、以前よりも賢くなった感じがします。しかも、シフトパターンが全く変わってしまいました。これまでは進行方向へシフトするとアップとなり(もちろんダウンはその逆)、右手前がリバースでした。しかし、159からは手前に引くとアップとなり、リバースは左上(MTでいう1速の場所)に変更となりました。レーシングマシンのシーケンシャルシフトと同じパターンになったのです。

BMWやマツダといったメーカーが、このパターンを採用していますが、何故ここへ来て逆になったのか……その理由をフィアットオート・ジャパンへ聞いてみました。

まずは最近の主流がそうなりつつあること、そして加減速のGを考えると、新しいタイプの方が理に適っていて操作がしやすいとの事でした。確かにこの方式に慣れると、新しいタイプの方が操作しやすい。しかし、実際にはステアリングシフトの方を頻繁に使っていましたが……。



数あるワゴンの中でもやはり159はスタイリッシ。ラゲッジの容量も十分だし、実際に欲しくなってしまったほど。





written & photo

佐藤(310)プロフイール↓


遡ること3年半前、ティーポ編集部へ配属されるなり、すぐに太田さんの担当を命ぜられる。以後、毎月太田さんと綿密な打ち合わせを行い、KEEP ON RACINGやTEZZOのページが作られていく。ティーポでは"310"のハンドルネームで編集に携わる。






■BACK NUMBER
---Vol.1 from ティーポ編集部 310
---Vol.2 from ティーポ編集部 310
---Vol.3 from ティーポ編集部 310







 
★お問い合わせフォーム
何でもお気軽にお問合わせください。

NAME:
E-mail:


お気軽にどうぞ!




KEEP ON RACING事務局 〒224-0006 横浜市都筑区荏田東1-9-40 
TEL : 045-948-5540 FAX : 045-948-5536


KEEP ON RACING公式サイト
 http://www.keep-on-racing.com/

相互リンク大歓迎!!

(バナーは下をお使いください。)






 
HOME
ABOUT
   
アルファに恋して
Cafe AlfaStyle
   
アルファチャレンジ参戦記録
太田哲也とオヤジレーサーズ
イベント探訪記
BLOG アルファDAYS
LINK





↑アルファリングに参加してます!!



↑ファンサイト
↑クラッシュ映画公式HP
↑TEZZO by Tetsuya Ota
↑RACERS CLUB HP


©ofiice keep on racing all rights reserved